遺言作成支援

  1. 当事務所で面談、又は電話等で詳細をうかがいます。
  2. 面談又は郵便によるご本人確認を行い、遺言の作成方式と内容を打ち合わせ、作成支援の委任契約を締結。原則1週間以内に報酬の精算を行います。
  3. 必要な書類の収集。遺言の案文作成
  4. 作成方式により公証役場やお客様のアポイントを調整
  5. 遺言の作成
  6. 法務局において自筆証書遺言保管申出※自筆証書遺言を作成されたとき

打ち合わせにより当事務所でも遺言を保管したり、法務局への保管申出書類作成に移行します。打ち合わせにより遺言が効力を発生しましたら、遺言執行業務に移ります。