会社の代表者が亡くなってしまったとき

 こんにちは、司法書士の山崎秀です。今日は、会社の代表者が亡くなってしまったときどのようなことになってしまうのか、簡単にまとめてみます。おもに、株式もご自身でおもちの小規模な株式会社を想定しています。

取締役は死亡により退任扱いです

 取締役の地位は、亡くなってしまうとその時点で業務終了であり、退任することになります。この時点で、他に取締役の方がいるとその方が代表者となる場合があります。
 もし、お一人の取締役のみの状態で、その方が亡くなると代表者不在の事態となります。法人格は継続して残ることが一般の方のイメージと異なるかも知れません。

株式について相続が発生します

 一般に、代表者の方が株式も保有していることが多いのではないでしょうか。その場合は、その株式について相続が発生します。相続人の皆さんで、だれが相続するのか決めなくてはなりません。このようなときに、株主総会が必要なことがあるとやっかいです。特に上記で述べたような代表不在の会社となってしまっていると、取締役の選任に株主総会が必要なため、大変になってしまいます。急いで、遺産分割協議を行う必要があります。
 株主総会で新たな取締役を選任し、登記しなければなりません。

 このように、お一人のみの取締役で会社を経営していると、いざというときに会社運営がいきなりストップしてしまいます。そのため、遺産分割協議を省略できる遺言や生前の事業承継が必要といわれるわけですね。ごく簡単に、またリスクの一部ではありますが、ご案内いたしました。