司法書士が銀行の通帳廃止に思うこと

 こんにちは、司法書士の山崎秀です。最近、紙の通帳は廃止する動きがあります。いわゆるWEB通帳というもので、対応するように銀行から顧客に依頼するようになりました。紙の通帳は新規だと料金をとられる銀行もありますね。一般的には、ネットから確認できますし、特段の問題はないように見受けます。しかし、司法書士からみると大きな懸念があるのです。

本人以外には発見できない財産

 通帳などがないと本人以外には発見することが難しいです。これはセキュリティー上は逆に好ましいかも知れません。しかし、相続や認知症が進行したときに関係者が捜索した際には、痕跡がありません。発見することがとても難しい財産だといえるでしょう。

発見できない財産はないのと同じ

 現状、財産管理業務になれたものであれば請求の支払い元や資金移動の痕跡から気づくことができます。ただ、純粋にあまった現金を貯金していたような通帳であれば痕跡がありません。うまくキャッシュカードなどを発見できればよいですが、そうでなければ発見されないまま手続きが終わっていくでしょう。マイナンバーカードへの紐付けの推奨などもはじまるでしょうが、個人情報の観点からすべてを紐付けることは考えにくいです。

簡易でも財産情報をまとめておきましょう

 たとえば、証書類をまとめたファイルを作成し、そこにキャッシュカードのコピーや口座番号などの資料をいれておく。そして、身近な人に万一の時はそこに財産情報が記載されていることを伝えておくのです。それだけでも発見される確率がおおきくなります。銀行名だけでもわかれば照会することが可能になりますから、ぜひ、チャレンジしてみてください。

まとめ

 通帳廃止そのものは不便さなどを除いて大きなデメリットはないでしょう。しかし、本人以外は気づかないというのは、上記のようなリスクをはらんでいます。この点を意識して万一のときに気づいてもらえるようにしてくださいね。