仮執行宣言はとても怖いものです

 おはようございます。司法書士の山崎秀です。皆さんは、仮執行宣言付きの判決や支払督促をみたことはありますでしょうか?被告や債務者としてみたことがある方はその怖さを知っているかも知れませんね。

仮執行宣言とは何か?

 日本では、自らの権利を適正に実現するためには原則として一定の裁判手続きを行う必要があります。裁判手続きは時間がかかることも多いです。そのため、一定の段階で債権者が仮とはいえ銀行預金の差し押さえといったことをできる状態にできます。まだ確定まではしていない判決や支払督促に付されるものです。これを仮執行宣言といいます。
 いくら仮とはいえ、実際に預金などが差し押さえにより引き落としされてしまうのは大変なことです。止めるには執行停止申立というものもありますが、ほとんどの場合、担保を求められます。

もし、裁判所からの書面がきたら早めに相談してください

 一定の判断が裁判所によりされた後は、争うことが難しいことが原則です。とくに、通常の裁判は主張するべきタイミングが法律上定められています。判決がだされるまで無視してしまったりすると、もはや取り返しがつかないこともあります。
 簡易な取り立て方法である支払督促では、裁判所では事実を審査しません。支払督促に異議がだされると、通常の裁判に移行することになります。
 異議を出さないまま終わった手続き後もまだ事実を争うことができる場合もありますが、裁判所の心証としてはよくないでしょう。また、上記の仮執行宣言が付されていると、いつでも差し押さえをされる非常に不利な状態で争うことになってしまいます。
 基本的に裁判所で開始された手続きを無視してよいことはありません。迷われたら弁護士や司法書士に相談してください。簡易裁判所からの手続きの場合は、司法書士への相談も有効です。そして、お手元の書面を持参することを忘れないで下さい。