相続登記で権利証を紛失してしまっていたとき

 こんにちは、司法書士の山崎秀です。相続登記義務化のニュースで相続登記を検討するようになった方も多いのではないでしょうか。相続登記の特徴として、当然ながら所有権を昔取得した被相続人、亡くなられた方はいらっしゃいません。万一、権利証が相続人の手元にないと探しようがない状態になりますね。では、このようなときに相続登記はできるのでしょうか?

権利証がなくても相続登記は可能です

 権利証がなくても相続登記は可能です。相続登記に原則としては、権利証を添付する必要はないからです。相続登記の必要書類は次の過去の記事を参照してみてください。

ただし、権利証がないと困る場面もあります

 権利証がないと手続き上、コストが増える場面があります。それは、亡くなられた方と登記上の所有者の同一性を証明できないときです。なんだか、難しいですね。
 登記ではご住所とお名前を確認することで、個人を特定します。引っ越しなどで住所を移転していると別人ととらえられるということです。とはいっても、同一人物であるのですから、住民票などで過去の住所を確認し、登記されている住所と一致すると法務局も同一人物であることを認定してくれるのです。
 住民票などは数年前まで保管期限が5年間でした。ここから、所有者の方が亡くなってからあまりにも時間が経過した相続登記の際は、住民票がないときがあります。そうすると、法務局は亡くなった方と登記されている方の同一性を認定してくれません。
 このようなときに、権利証があれば円滑に登記手続きをすすめることが可能になります。結局、権利証がなくても登記できるとは述べたものの、あった方がよいということにはなってしまいましたね。しかし、亡くなった方の権利証を紛失してしまっていることは、ままあるものです。そのような時も、まずは司法書士に相談してみてくださいね。