ご高齢の方の債務整理

 こんばんわ、司法書士の山崎秀です。当事務所では、ご相続と成年後見業務を得意業務としています。そのため、対外的なイメージとして債務整理はあまりしていないのだろうという感想をいただきます。しかし、実は当事務所でも債務整理を担当することが意外とあるものです。それは、成年後見業務の中での債務整理です。

 認知症が進行するとご本人が意図していない買い物を行い、そのことを忘れてしまいます。請求書が届いてもご本人は覚えていませんし、周囲の支援者もどうしていいかわかりません。こうなると、よくわからない請求書がどんどん増えていくわけですね。最近の会社は、未払いがつづくと債権回収会社へ債権回収を委託したり、債権譲渡してしまいます。通販で買い物していただけなのに、支払いが放置されれれば、いつの間にか金融会社から取り立てが来る状態になってしまうのです。

 このような状態で成年後見が開始すると最初は、各債務を調査して整理していくこととなります。昔、貸金業者から借りていて返済していない請求が突如請求されることも多々あるのが私の実感です。成年後見人が就任していれば対応のしようもありますが、開始していなければ気づくことすらできず危険な状態です。周囲の支援者がよかれと思って返済すると、ご本人を法律的、経済的に危機的な状況に追い込むかもしれません。

 請求の滞納は、わかりやすくご本人に成年後見が必要かどうか警告している一つの兆候といえるかもしれません。そのときは、ぜひ当事務所へご相談ください。

当事務所の紹介

 相続、遺言、成年後見業務を中心に司法書士業務一般の業務をしている司法書士事務所です。相談から業務遂行まで司法書士が一貫対応しています。そのため安定した品質での司法書士業務のご提供が可能です。個人の方からの直接のご相談はもちろん、介護・医療従事者の方、他士業の方などからのご相談やご紹介も大歓迎です。
 当事務所での面談はもちろん、外出の難しいご高齢の方などの出張のご相談などもお気軽にどうぞ。

代表司法書士はこんなキャラクターです

 2021年6月現在で30歳で、今年31歳になります。高槻高等学校と大阪大学法学部法学科を卒業し、金融機関、司法書士事務所での勤務経験の後に開業しています。
 学生時代は、新書を読むことが好きでした。とてもマニアックで、細かい内容は失念してしまいましたがロシア革命時のスクラップ記事をまとめた新書はとても面白かったです。大学時代は短いながら部活動でアーチェリー、アルバイトで家庭教師、個人指導塾やマクドナルドでの仕事もしていました。最近は遊べていませんが、APEXなどのオンラインゲームも好きです。ご興味のある方はぜひ面談時に話題になさってください。