障害者手帳の有用性

 こんにちわ、司法書士の山崎秀です。今日は成年後見業務をつうじて感じる障害者手帳の有用性についてです。移動費用の軽減などもありますが、財産管理の側面からみて主に2点大きなものがあります。それは、生活保護受給時の加算と税金申告の時の控除です。

生活保護費の加算

 私は、生活保護を受給している方の成年後見人もよく受任しています。資金繰りが非常に厳しい方も多いですが、一定の等級の障害者手帳をお持ちの方は最低生活費に加算がされます。これは精神と身体で等級に違いがありますが、どちらも一定の要件をクリアすれば月額1~2万円程度加算されるのです。さまざまな生活上のコストをかんがみて加算しているものだと思いますが、資金繰りがある程度楽になり非常に助かる制度です。

税金申告のときの控除

 次に税金申告の控除です。成年後見が開始した人は、特別障害者控除がつかえますが、保佐、補助の方は当然には控除は利用できません。しかし、一定の等級の手帳をお持ちの方は普通障害者控除が使えることがあります。

 入院状態の方などは、移動があまりないため手帳は不要では?とのご意見も現場の方からいただくことがありました。しかし、上記のようなメリットがありますのでできるだけ取得するようにしています。 

まとめ

 上記のように、障害者手帳により財産管理上のメリットが大きいことがご理解いただけるのではないでしょうか?当事務所では、このようなことも踏まえながら各業務を行っています。もし、少しでもご相談したいといったことがあればお気軽に相談日時の調整をお問い合わせ下さい。