成年後見人による死後事務処分許可の申立

 こんにちわ、司法書士山崎秀です。本日は成年後見について記事を書いてみます。

 成年後見業務は、だれのための業務かというと成年被後見人である本人のためです。そのため、本人が死亡すると原則、業務終了となります。しかし、親族がいない、もしくは親族による葬儀の手配ができない場合があります。このようなときに、タイトルの申立てを家庭裁判所に行い、審判を得て成年後見人が火葬などの契約を行うことになります。昔から火葬は応急処分義務の範囲で事務が行われることもありましたが近年、条文により明文化され家庭裁判所が審判をするようになりました。

 といっても、原則は成年後見人の業務は本人死亡とともに終了です。あくまでも、ごく例外的に、本人を放置できないために最低限の直葬で対応するようなものであることは覚えておいてほしいと思います。案件により、また成年後見人により異なる判断がありうる部分です。

 成年後見人が就任している本人が死亡した際に、葬儀をだすかどうか聞かれたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?これは、あくまで原則は親族が葬儀をだすというところが理由でした。成年後見業務はまだまだ、運用が固まっていないところもあり、ケースにより慎重な対応が必要です。

当事務所の紹介

 相続、遺言、成年後見業務を中心に司法書士業務一般の業務をしている司法書士事務所です。相談から業務遂行まで司法書士が一貫対応しています。そのため安定した品質での司法書士業務のご提供が可能です。個人の方からの直接のご相談はもちろん、介護・医療従事者の方、他士業の方などからのご相談やご紹介も大歓迎です。
 当事務所での面談はもちろん、外出の難しいご高齢の方などの出張のご相談などもお気軽にどうぞ。

代表司法書士はこんなキャラクターです

 2021年6月現在で30歳で、今年31歳になります。高槻高等学校と大阪大学法学部法学科を卒業し、金融機関、司法書士事務所での勤務経験の後に開業しています。
 学生時代は、新書を読むことが好きでした。とてもマニアックで、細かい内容は失念してしまいましたがロシア革命時のスクラップ記事をまとめた新書はとても面白かったです。大学時代は短いながら部活動でアーチェリー、アルバイトで家庭教師、個人指導塾やマクドナルドでの仕事もしていました。最近は遊べていませんが、APEXなどのオンラインゲームも好きです。ご興味のある方はぜひ面談時に話題になさってください。