自分が遺言執行者に選任されていたとき

 こんにちわ。司法書士の山崎秀です。

 遺言執行者をご存知でしょうか。その名のとおり遺言を執行する立場の方です。通常、遺言に遺言執行者を書いておくか、遺言の効力発生後に家庭裁判所に選任してもらうことができます。従来は弁護士、司法書士が多く担当してきました。

 近年の民法改正で遺言執行者は遺言に特別の定めがなくても自己の責任で復代理人を選任することができました。つまり、一般の方が遺言執行者に選任されたときにさらに専門家に頼むことができるということです。従来も復代理を許す規定を書いておけば、問題なかったのですが、法改正によりこれからさらに一般の方が遺言執行者として指定されているケースは増えるのではないでしょうか。

 もし、あなたが遺言執行者に選任されていたときはどうされますか?そのまま、自分で手続きをしてみるでしょうか。私はお勧めしません。遺言執行者には相続人への通知義務など、日常生活では知りようのない義務があります。これを知らないまま業務遂行してしまえば、予期せぬ損害を被ることもあるでしょう。ぜひ、司法書士へのご相談をお勧めします。

 当事務所にご相談いただければ。手続きに慣れた司法書士がすみやかに手続きいたします。不動産がある場合の登記も、問題なく代理申請できるため、ご依頼者様にとっての打ち合わせの手間も最小で済みます。お問い合わせは以下からどうぞ。

当事務所の紹介

 相続、遺言、成年後見業務を中心に司法書士業務一般の業務をしている司法書士事務所です。相談から業務遂行まで司法書士が一貫対応しています。そのため安定した品質での司法書士業務のご提供が可能です。個人の方からの直接のご相談はもちろん、介護・医療従事者の方、他士業の方などからのご相談やご紹介も大歓迎です。
 当事務所での面談はもちろん、外出の難しいご高齢の方などの出張のご相談などもお気軽にどうぞ。

代表司法書士はこんなキャラクターです

 2021年6月現在で30歳で、今年31歳になります。高槻高等学校と大阪大学法学部法学科を卒業し、金融機関、司法書士事務所での勤務経験の後に開業しています。
 学生時代は、新書を読むことが好きでした。とてもマニアックで、細かい内容は失念してしまいましたがロシア革命時のスクラップ記事をまとめた新書はとても面白かったです。大学時代は短いながら部活動でアーチェリー、アルバイトで家庭教師、個人指導塾やマクドナルドでの仕事もしていました。最近は遊べていませんが、APEXなどのオンラインゲームも好きです。ご興味のある方はぜひ面談時に話題になさってください。