相続放棄と遺産分割の違い

 こんばんわ、司法書士の山崎秀です。。今日は一般の方が誤解されていてよくお話する、相続放棄と遺産分割で相続しないこととする違いについてお話しします。ものすごく大きな法的効果の違いがあるので気をつけてくださいね。

・相続放棄・・・相続人でなかったこととする手続きです。相続人一人で完結する手続きでもあります。家庭裁判所において相続放棄申述を期限内に受理してもらう必要があります。プラスもマイナスも相続人でなくなる以上、関係ありません。
・遺産分割で相続しないとき・・・あくまで相続人にはかわりありませんが、特定の財産を相続しないこととする手続きです。相続人間で手続きは完結します。実際に、各機関で手続きをする際に、遺産分割協議書と印鑑証明書は必要です。

 どちらも一定の注意が必要です。たとえば、相続放棄は相続人でなかったこととする手続きです。両親、こども1人の関係で、両親の一人が亡くなったとします。このとき、こどもがご存命の親に相続させたいからと相続放棄すると次順位の祖父母や兄弟に相続権が移行していきます。こんな事態は誰も望まないはずです。
 一方で債務があり、その負担を避けたいから遺産分割でもともとお金のない相続人に負担を集中させよう。そんなことを考える人もいるかもしれません。しかし、債務の遺産分割協議は債権者に対抗することができません。法定相続分をきっちり請求されてしまうので気をつけてくださいね。

 と、ここまで書いてきましたが、これ以外にも注意してほしい問題がたくさんあります。相続問題も近年法改正も続いており、注意が必要な分野です。当事務所でも相談対応から受け付けています。相続手続きを不安なく終えるためにも、ぜひ相談してくださいね。司法書士を相談先とするメリットについても機会を改めてお話させていただきます。 

当事務所の紹介

 相続、遺言、成年後見業務を中心に司法書士業務一般の業務をしている司法書士事務所です。相談から業務遂行まで司法書士が一貫対応しています。そのため安定した品質での司法書士業務のご提供が可能です。個人の方からの直接のご相談はもちろん、介護・医療従事者の方、他士業の方などからのご相談やご紹介も大歓迎です。
 当事務所での面談はもちろん、外出の難しいご高齢の方などの出張のご相談などもお気軽にどうぞ。

代表司法書士はこんなキャラクターです

 2021年6月現在で30歳で、今年31歳になります。高槻高等学校と大阪大学法学部法学科を卒業し、金融機関、司法書士事務所での勤務経験の後に開業しています。
 学生時代は、新書を読むことが好きでした。とてもマニアックで、細かい内容は失念してしまいましたがロシア革命時のスクラップ記事をまとめた新書はとても面白かったです。大学時代は短いながら部活動でアーチェリー、アルバイトで家庭教師、個人指導塾やマクドナルドでの仕事もしていました。最近は遊べていませんが、APEXなどのオンラインゲームも好きです。ご興味のある方はぜひ面談時に話題になさってください。