相続はだれに相談するべきか?

 こんにちわ、司法書士の山崎秀です。相続に直面した時、だれに相談するべきでしょうか?手前みそではありますが、私は司法書士が最も適任であると考えています。私なりに次にいろいろな立場の人をあげながらその理由を述べてみますね。

金融機関

 保険会社や銀行などが該当しますね。生命保険は亡くなってからの支払いが早く、生前に葬儀費用など緊急の費用を手当てしておくのは、とてもおすすめできます。とくに葬儀費用は相続財産から支出してしまうとトラブルになることもあるため、喪主となるだろう方を明確に受取人として定めておけることは大きなメリットです。
 そして、近年銀行も相続手続きを行っていますが、銀行の相続手続きの費用は士業一般より高額なわりに、実際の手続きは司法書士他に外注することもあり、あまりおすすめしません。依頼前に一度、何らかの士業に相談してからのご依頼をおすすめします。

行政書士

 相続手続き一般を行う方が多いです。ただ、相続放棄、登記などは対応できず、司法書士につなぐことも多いです。

税理士

 相続税の適切な相談先は税理士のみといってよいです。ただ、相続税がかかる人は少数であるため、出番は比較的少ないのかもしれません。

弁護士

 権限として相続手続きでできないことはありません。最近は争いになっていない相続手続きを行う弁護士もいるようです。ただ、複数相続人から委任を受けて手続き代行から着手した後に、争いになってしまうと利益相反などの問題が発生して、特定の相続人の代理人になれないこともあります。また、円満な手続きを希望する際に、弁護士という強力な職能が抱かせてしまう印象がネガティブになることもあるかもしれません。

司法書士

 昔から相続登記などで相続人間の書類を素早くあつめて手続きをすることに慣れています。各種相続手続きでも、そのノウハウがいきていると実感しています。また、裁判手続きでの相続放棄申述書類作成も可能です。車の名義変更などを除いてできないことはあまりありません。手続き慣れしているため比較的安価に一貫して手続きを行える職種であると思います。
 ただし、相続人間の話し合いが難しい状況ではできることが限られます。

 司法書士である私から見ても、最初の相談先は司法書士が最もよいと思います。相続するときも、まずは戸籍収集と法定相続情報をご依頼してみてください。一気に手続きの見通しがたつと思いますよ。相続放棄ももちろん相談可能です。

当事務所の紹介

 相続、遺言、成年後見業務を中心に司法書士業務一般の業務をしている司法書士事務所です。相談から業務遂行まで司法書士が一貫対応しています。そのため安定した品質での司法書士業務のご提供が可能です。個人の方からの直接のご相談はもちろん、介護・医療従事者の方、他士業の方などからのご相談やご紹介も大歓迎です。
 当事務所での面談はもちろん、外出の難しいご高齢の方などの出張のご相談などもお気軽にどうぞ。