成年後見人の家庭裁判所への報告

 こんにちわ、司法書士の山崎秀です。今日は成年後見人の家庭裁判所への報告について述べてみたいと思います。

ご親族の方が成年後見人をすることもあるのか?

 認知症や精神障害の方に成年後見人が必要となったとき、家庭裁判所の判断にはなりますがご親族の方が成年後見人となることも可能です。現在は司法書士、弁護士、社会福祉士などの専門職の割合が多くなりましたが、ご親族の方が担当されていることもまだ多くあります。私も成年後見監督人として、ご親族の成年後見業務を見守らせていただくことがあります。

どのようなことを家庭裁判所へ報告するのか?

 成年後見人は定例報告として、ご本人の状況、財産状況、収支の状況などを家庭裁判所に報告します。うまく対応できる人もいますが、中には家庭裁判所への報告書作成が大変で辞任を考えてしまう人もいます。成年後見人はご本人を代理したり、財産を管理するため、緊張感のある業務です。慣れない人には厳しい業務かもしれません。ただ、成年後見人は一度就任すると正当な事由がない限り辞めることが難しいという側面があります。

困ってしまったときは成年後見に詳しい司法書士へ相談してください

 もし、家庭裁判所への報告書作成が難しい方は、まずは家庭裁判所にその旨を相談しましょう。しかし、結局はご自身で作成する責任はあります。そのため、代わりに作成してもらいたいといったときは、司法書士が報告書の作成をさせていただくこともできます。また、どうしても事情があり辞任せざるを得ない場合は、家庭裁判所が認めてくれることもあります。その際の引継ぎなどについても対応させていただくことが可能です。お一人で対応するには難しいこともあるので司法書士に相談してみてくださいね。