不動産登記の意義

 こんにちわ、司法書士の山崎秀です。今日は不動産登記の意義について簡単にまとめてみます。ありがたいことに不動産登記といったときに、その法的な意味はご存じでなくても単語を知っている方がほとんどです。たとえば、もし自分が購入し所有しているはずの不動産が他人所有として登記されていたら、法律的な理論は置いておいてもやっかいなことになるんだろうなということは想像がつくのではないでしょうか。なぜやっかいなんでしょうか?自分が所有しているつもりなのに変な話です。では不動産登記の役割から考えてみましょう。

 民法 第百七十七条 不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。

 不動産登記の役割は民法177条によって定められています。不動産に関する物権の得喪ということで、不動産を購入し所有権を得たときは所有権という物権を得ています。不動産登記をしなければ第三者に対抗することができないのです。第三者に対抗するとは、第三者へ主張することができると言い換えるとわかりやすいでしょう。登記は早い者勝ちなので、あなたがせっかく売買代金を払って取得した不動産も、他人が先に正当に登記していればあなたの所有権を主張することはできません。その登記名義人の他人はあなたを所有権を侵害するものとして退去させることもできるのです。なぜ、登記をすることが重要なのかご理解いただけましたでしょうか。
 ちなみに、担保付きの融資を利用して購入するときは登記をしないことはないでしょう。なぜなら、あなたの所有権が第三者に主張できない状態で担保を設定することはないからです。かならず所有権の登記をさせた上で担保設定の登記を行っています。

 このように登記はきわめて強力な権利です。そのため、権利を手放す方、得る方双方に意思確認をすることも司法書士の職責とされています。少し細かい話をしてしまうときもありますが、どうか登記の際はご協力いただければ幸いです。

 なお、余談ですが登記も根拠となる売買や贈与といった登記原因がなければ申請できません。もし、売買や贈与と行った事実がないのに登記申請がなされれば、公正証書原本不実記載等罪などの犯罪行為につながる可能性がありますので注意してくださいね。